パピヨン犬【シェリー】と東京一人暮らしブログ
一人暮らしで犬を飼っています。三十路♀一人とパピヨン♂(去勢済み)一匹の東京生活犬日記。   ⇒HPはこちら

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

BlogPeople リンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

Trackback People

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「子猫殺し」
今日は犬の話題じゃなくてネコの話です。気分が悪くなるかもしれない内容なのですいません・・・。

2006年8月18日(金)の日本経済新聞に、下記のようなコラムが載っていましたんですよ・・・。
「子猫殺し」 坂東眞砂子

こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。

家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、そこに放り投げるのである。タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、野鼠などの死骸がころころしている。子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。自然に還るだけだ。

子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。

私は猫を三匹飼っている。みんな雌だ。雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。タヒチでは野良猫はわんさかいる。これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。避妊手術を、まず考えた。しかし、どうも決心がつかない。獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。

猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。生きるための手段だ。もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。

飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。しかし、それは飼い主の都合でもある。子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。私は、これに異を唱えるものではない。

ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。

そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。

愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。人は神ではない。他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。どこかで矛盾や不合理が生じてくる。

人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない。それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。

私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである
コメントする気が失せるほど信じられない内容です。また、なぜ日経新聞もこんなコラムを載せたのか、理解の範囲を超えてます。

屁理屈こねて自分を正当化しようとしていますが、内容のあちこちが矛盾しています。この人が結婚しているのか独身なのか知りませんが、自分が望まない妊娠をしたら、産むだけ産んで赤ちゃんを殺すのでしょうか。

こういう人には何言ってもムダなので批判なんて気にもしないのでしょうが、ネット上でもあちこちでこのコラムが取り上げられて非難ごうごうのようですね。当然です。

この人、直木賞作家だそうです。こんな人が直木賞作家になれるんですね。今タヒチ島に住んでいるようですが、二度と日本に帰ってくるな。

テーマ: - ジャンル:ペット

ちっち
何気なくきっこのブログを読んでいたら、この人、猫だけじゃなく飼い犬の産んだ子も始末していたようですね。
今回の子猫殺しはタイトルのインパクトもあってネット上でも大騒ぎになりましたが、その前の週にちらっと犬殺しについても書かれてたそうですよ。
生まれた仔猫や仔犬が人間の生活環境を害するから「社会的責任」として殺すとあるけれど、飼犬や猫をほとんど放し飼いの状態にしておきながら何を言ってるんだか…。
避妊手術をしない代わりに、殺害する痛みや悲しみを引き受けていると悲劇のヒロインぶってるけれど、同情の余地すらありません。
2006/08/23(水) 11:58:31 | URL | [ 編集]
ねずねず
ちえぞうさま
見ました!この記事。
子猫だけではなく、子犬もだそうです・・・(激怒)
私は新聞ではなく、「きっこの日記」というブログをよく拝見させて頂いているのですが
そこで8月の20・22・23日の日記で取り上げられています。
お時間があったらご覧になってみて下さい。
この、アタマオカシイ人は日本だけでなく、世界中どこにも存在して欲しくない!
被害にあった動物を思うと・・・涙が出ます。
2006/08/23(水) 12:05:32 | URL | [ 編集]
nau
いねブログでも取り上げさせていただきました。
全くこの人頭おかしいですよね。
こんな人間の感情がおかしい人間の書いたものが直木賞を取っていたなんて、呆れてものが言えないです。

なんか自分も辛いのだ、みたいに言ってますけど、殺される動物の方が辛いんだよ!!そんなこともわからんのか!!

あーこんな時本気で「デスノート」欲しくなります。
2006/08/23(水) 14:06:55 | URL | [ 編集]
くれぴあん
初めまして。蜜蜂さんのブログからやって参りました。
私もこのコラムのことは耳にしていましたが、全文は初めて読みました。
言葉では言い表せないほどの憤りを感じます。
動物を殺しておいてこのように自分を正当化するなんて・・・。
こんな頭のおかしい人のコラムを掲載する日経新聞もどうかとは思いますが、
この人の悪事が多くの人々に暴かれたと考えれば良かったのかもしれません。
何も知らずにこの人の本を買っていたりしたら尚更ショックですからね。
2006/08/23(水) 14:59:02 | URL | [ 編集]
vivipapa
ちょっと幼稚な感じがしますね~
常識や倫理を逸脱した危険な思想ですよ....
人間だって動物だから弱肉強食で、他人を殺してもいいって
ことになりかねませんよ。
本人も日経新聞もちょっと過激な事を書いて注目されたい
とか思ったのかな?
2006/08/23(水) 20:14:35 | URL | [ 編集]
ハッピーサマー
ネットで話題になっているので、一応オリジナルにも当たりましたが、実際の新聞記事で読むと、怒りよりも信じられない・・・と呆然とする気持ちになりました。
猫の「生」が「性」だけなんて考えている人間がこの世の中にいるなんて・・・しかも日本の代表的な新聞に載るなんて、全くおかしすぎます。
動物愛護家じゃなくたって、こんな考えおかしいだろ!と思いますよね。こんな記事を載せる日経新聞にも腹が立ってきました。。。
2006/08/23(水) 22:07:23 | URL | [ 編集]
きてぃ
許せない!
生きるために生まれたきたのに・・・
生きたくてもそうできない命だっていっぱいあるのに・・・
なぜこんなことを言う人が世間で認められるんでしょうね。
植木賞も剥奪されちゃえばいいんだ!
生きることを許されなかった子猫のように・・・
2006/08/23(水) 23:10:31 | URL | [ 編集]
AK
こんにちは。
私もその記事は見ました。
記事そのものではなく、「キッコの日記」でです。
キッコさんの激怒振りはすごかった・・・(笑)

子種になる前に殺すのと、子猫を殺すというだけの違いだなんて、どこをどうしたらそういう考え方になるのか不思議です。

こんな人が直木賞作家なんて、直木賞も随分レベルが落ちたものですね。
2006/08/23(水) 23:18:14 | URL | [ 編集]
ゆうこりん
驚きと怒りでコトバが見つかりません。
また、口を開いたらとんでもないことを
言ってしまいそう。。。。
2006/08/24(木) 00:06:52 | URL | [ 編集]
sena
この人ホラー作家の第一人者らしいですね。だからすることもホラーっぽいのもうなずける。

恐らく日経もこの作家も、すごい反響を予想して注目されたいがためにしたことのような気がします。

日本てホント動物に大して後進国だなーってつくづつ思います。というか全体的に幼稚な精神の持ち主が多いからね。
2006/08/24(木) 10:06:08 | URL | [ 編集]
ゆうこりん
昨日から「子猫殺し」のことを考えずっと
塞いでいます。ネット上で擁護する考えの人もいたり、「実は自分もやっている」とのたまう者も。。。
愕然としています。確かに世の中にはいろんな考えの
人がいて、動物嫌いの人だっています。手を差し伸べろなんて言わないから、お願い、殺さないでと言いたい。性に対する欲望があるのなら、生に対する欲望だってあるのだから。そういう「生きたい」という命を
抹殺できるほど神のような存在なのですか?と問いたい。
日本でも悪徳獣医師の裁判が9/20東京地裁であるそうですね。応援を募っていました。私も近いなら行きたいのだけど。。。
2006/08/24(木) 12:03:07 | URL | [ 編集]
くろまるまま
今自分が言葉を吐けば、とんでもない事を言ってしまいそうで・・・言葉を出すのをためらいます。
この人の考えでいくと、人間の母親も性欲のまま妊娠し、生まれた子供がいらないとなれば、子殺ししていいという考え方ですよね。
同じ生き物なんですから。
・・・
ろくな死に方しませんよね、こんな人。
2006/08/24(木) 15:17:57 | URL | [ 編集]
蜜蜂
とても悲しい気持ちです。
何故なら私はこの作家の本を何冊も読み所有しているからです。
(一番最後の本のみのダンボールに入ってるはず)
変わった小説が好きなのでこの作家の本にも
いきあたりました。
変わった本はあくまでも「作られた話」であり私は
こんなコラムちっとも面白いなんて思えない。

自分が情けなくて…こんな人の本を読んでいたかと
思うと…。
気分が悪いから本を捨てます!!
もう買わない!

殺された子猫たちだって生きたいよ!と思ったはずなのに。
>うちの猫には愛情をもって接している。
愛情をもってるのにその愛猫の産んだ子は愛せないの?
全然矛盾してます。
子猫を殺された猫は幸せなの?
お乳だってでるようになるんですよ!

一番苦しい死に方をして下さい。
2006/08/24(木) 22:52:20 | URL | [ 編集]
hana
ちえぞうさんのブログで知って、かなり驚きました。
昨晩、ニュースでも取り上げられてましたね。
自分を正当化・・・まさにその通りだと思います。
この事が明らかになったので、もう今後はこの人の手で殺される動物はいなくなるだろうと思います。
そして、重い罰を受けて欲しいですね。
2006/08/25(金) 11:09:05 | URL | [ 編集]
あき
朝日にもこの記事に対する批判がたくさんあがっている旨の記事が載り初めて知りました。
も~、絶句ですね。
有り得ない。
2006/08/25(金) 13:21:18 | URL | [ 編集]
ありき大
ちえぞうさんのマンション日記から飛んできました。こんにちは。

ニュースで見たときは、文章が抜粋されてるからホントのところはわかんないって思ってましたが、、
ココで全文を初めて読んで悲しいし腹が立ってます。。
動物だから許されるとでも思ってるのでしょうか。。子猫の「生」はどうなのよ。。ってね。
むーー。許せないですね!
2006/08/25(金) 15:28:20 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>ちっちさん
子犬の記事は7月の夕刊のコラムだったようです。7月の夕刊が手元に残っていないので全文が分からないのですが、とにかく腹立たしいですよね!

>ねずねずさん
本当~~に腹立たしいし、こういう人が公共のメディアを通じてこういうことを発表するのが許せません。日経新聞もなんだか読みたくなくなっちゃいます。

>nauさん
直木賞剥奪してほしい気持ちです。こういう記事がでると、真似する子供とかいそうで怖いです。

>くれぴあんさん
はじめまして!コメントありがとうございます。この人の本は結構有名らしく、映画の原作にもなっているようです。持っていた人も多そうなのでファンだった人はショックでしょうね・・・。

>vivipapaさん
ほんと、幼稚ですし平気でこういうことを書けるのが信じられません。作家としての才能が枯渇して他に書くことがなかったのだとしたわ哀れな人です。

>ハッピーサマーさん
ネットやテレビだと抜粋されちゃってるので文章の雰囲気が分かりにくいですが、全部読むと怒りが込み上げますよね。日経新聞の編集者も同じように糾弾されてほしいです。

>きてぃさん
直木賞剥奪してほしいですよね!自分に子供がいたら、この人の本なんて絶対読ませたくないし悪影響がありそうですよね。でもこういう騒ぎがあると意外と本が売れちゃったりするんですよね・・・。

>AKさん
きっこの日記で知った方が多いみたいですね。避妊手術と子猫を殺すことの違いが理解できない程度の人が直木賞作家だなんて、この賞もレベル低いと思ってしまいます。
2006/08/25(金) 15:56:25 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>ゆうこりんさん
こういうことする人の神経が私たちには理解できませんが、行為そのものも理解できないし、わざわざ新聞に書くということがさらに信じられませんよね。

>senaさん
もっと日本も動物愛護の法律が厳しければいいなと思います。この人の場合、タヒチに住んでいるので刑は及びませんが、学校で動物愛護の教育をもっとしっかりしてくれたらいいなと思いますよね。

>くろまるままさん
私もこの人が目の前にいたらものすっごい汚い言葉で罵倒してしまいそうです。こんな人はめぐりめぐって自分がきっと不幸になるに違いないと信じたいです。

>蜜蜂さん
この作家の本を持っていたんならさらにショックですよね。屁理屈こねて自分を正当化する態度がさらに許せないし、ちょっと気持ち悪いですよね。

>hanaさん
ニュースにも取り上げられて、かなり反響が大きいようですね。この人、毎週金曜日に日経新聞夕刊にコラムを載せていますが、今日の夕刊に載るのかどうか、日経新聞の対応も気になります。

>あきさん
他の新聞やテレビでももっと取り上げて、議論を白熱させてほしいです。この作家をもっともっと糾弾して欲しいですよね。

>ありき大さん
全文を読むと怒り心頭ですよね。自分が望まない妊娠をしたら、その子供をがけから突き落として殺すのか、って聞いてやりたいです。
2006/08/25(金) 16:01:08 | URL | [ 編集]
ぽち
ん~、、先日、このコラムを見ました。

上手く説明できませんが(筆不精なのでw)、
動物と人間がうまく共存していくって言うことをどういう風に考えてるんでしょうかね?
「人間は神でない」「人が動物の「生」に干渉してはいけない」と言いながら、
生まれてきたばかりの、「子猫の生命を断つ」って行為は「動物の生に十分干渉する行為」なのではないでしょうかね?
いったい、「生」って何でしょうか?「生命」の意味でないのでしょうか?
「命」ってなんでしょうか?

関係ない話ですが、人間でも「自分の命」を粗末にする若者が後を絶ちません。
この若者達がこのコラムを読んだら、どういう理解を示すのでしょうか?

ちえぞうさんのBlogにこのような書き込みしても、どうしようもない事かとはおもうけど、
この人に、「では、同じ状況であれば、人(乳児)さえも、同じように殺しますか?」
動物だから・・って言うのであれば、それこそ、人間の勝手な都合では?と問いたいですね(苦笑)

人間は確かに、他の動物を喰らい生きている罪深き生き物ではあるとは思います。
それは、古来より生きるための手段として、肉食獣が歩んできたもの。。

罪無き生命を意味無く絶つのとは違うと考えますけどね。

なぁ~んて、長々と書いてごめんなさいね^^;>ちえぞうさん

2006/08/26(土) 11:44:15 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>ぽちさん
そうなんですよねー。この人の論理は矛盾だらけで「人間にも同じことすんのか!」と突っ込みたくなります。二度と日本に帰ってきて欲しくないですね。
2006/08/28(月) 12:15:57 | URL | [ 編集]











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

おすすめの本

いいコに育つ犬のしつけ&トレーニング
いいコに育つ犬のしつけ&トレーニング
去年発行の本なので理論が新しいのでおすすめ。絵や写真が多いので教え方がわかりやすく、本で自分でしつけをがんばる人にはおすすめ。

ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
普段人が食べてる食事と同じような材料で、無理せず気楽に手づくりごはんをあげよう、という本。手作りご飯に興味があるけどめんどくさいことはつづかなそうという人におすすめ。

リンク

愛用グッズ


バーディポケットキャリー
折りたためるキャリーバッグ。ちょっと遠出するときに荷物がかさばらないので便利です。


シーディーム コンフィスプレー
ハーブが入っているので虫除けスプレーとして使っています。


グルコサミンDS
シェリーは膝蓋骨脱臼なので、関節にいいサプリを与えています。


アミノプロテクトケア
食物アレルギーが分かってから、このフードを使っています。

ノーリード反対!

ノーリード反対

プロフィール

飼い主ちえぞう(♀)。三十路ちょっと過ぎ。いわゆる負け犬?

カウントダウン



*script by KT*

ブログ検索

カウンター

BlogPet

参加サイト

ポチっとクリック大感謝です!
FC2ブログランキング

人気ブログランキング

ペットリンクスランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

ブログランキング ranQ




RSSフィード


copyright 2005-2007 パピヨン犬【シェリー】と東京一人暮らしブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット方法 コーチング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。