パピヨン犬【シェリー】と東京一人暮らしブログ
一人暮らしで犬を飼っています。三十路♀一人とパピヨン♂(去勢済み)一匹の東京生活犬日記。   ⇒HPはこちら

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

BlogPeople リンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

Trackback People

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
赤ちゃんペット販売禁止、環境省「8週齢以後」を検討
YOMIURI ONLINEからの転記です。

=================================
環境省は21日、生後間もない犬や猫といったペットの販売を禁止する方針を明らかにした。

かわいらしさなどから、国内では犬と猫の約6割が生後60日以内にペット店に仕入れされ、販売されている。しかし、生まれたばかりの犬や猫は、環境の変化や輸送に弱いほか、人間や他の動物に十分に慣らされていないという問題がある。

成犬などに比べてエサやフンの始末なども大変で、世話しきれずに捨てられるケースもある。

米国では8週齢未満の犬猫の取引、輸送を禁止。英国も8週齢以下の犬の販売を禁止している。

動物愛護法が今年6月に改正され、ペット店などの動物取扱業に登録制度が導入された。同省はこの登録基準に幼齢な動物の販売禁止を盛り込む考えだ。生後いつまでのペットを販売禁止にするかは、海外の事例や国内の販売実態を踏まえ、8週齢を軸に検討する。

また、インターネットのペット店では、業者がペットの状態をよく確かめずに販売し、トラブルになるケースがあったが、販売時にはペットの状態を2日以上観察して、下痢や皮膚病、四肢マヒなどがないか確認することを業者に義務付ける。ペットの病歴や飼育方法の説明も求める。

(2005年9月22日3時3分 読売新聞)
=================================

イギリスではそもそもペットショップでの生体販売が禁止されていて、みんなブリーダーから購入するようですね。日本でも動物に対する意識が変わってきた感じですね。

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

ぐり
確かに小さな子は可愛いけど、体も弱いし、安易に考えて飼うとお世話が大変そうです。でも、がんばって育てた人もいるだろうし・・・捨てる人が1番悪いですよね。ペットの幸せを真剣に考えた法律が早くできるといいですね。
2005/09/22(木) 13:00:53 | URL | [ 編集]
メル母
私は今朝の読売新聞で読みました。
今、問題犬が増えているそうですが、売られるのが早すぎるのが原因にもなっているとか。
3ヶ月は親犬や兄弟犬と過ごさせるのが理想だそうです。
ただ小さい方が可愛いいし売れるからっていう理由だけでまだ離乳もしてない子が売られている現実。
私も早くこの法律が施行される事を願ってます。
2005/09/22(木) 17:08:33 | URL | [ 編集]
ぴのママ
今朝、TVのニュースでみました!
ぴのも産まれて、1ヵ月半で家にきました。
夜クンクン泣いているのをきくと、切ない気持ちになったのを
憶えています...。ぴのは元気に育ちましたが、
不遇なわんちゃんは、辛い思いをしていく現状もあるんですよね。
考え深い問題だと思いました。
2005/09/22(木) 19:16:10 | URL | [ 編集]
めぐ
私も見ました。
うん、やっぱり早くに親から離すのは良くないよね。
ペットショップのケージの中にいる子犬も切ない。
日本はまだまだ遅れてるなぁ~と思いますね(ーーメ)
2005/09/22(木) 22:21:55 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>ぐりさん
すべての子が不幸になると決まってるわけではないですが、あまりに小さいうちにペットショップに連れてこられると病気になりやすいですよね。まだワクチンも打ってない月齢のワンちゃんがたくさんいて、不特定多数の人が出入りするので・・・。

>メル母さん
ある程度の期間母犬や兄弟犬と一緒にいないと社会化ができないですもんね。うちのシェリーはブリーダーさんのところに9週間いましたが、母犬に途中で育児放棄され、兄弟犬もいない一人っ子なので、他の犬との付き合い方が上手ではありません(;;)。

>ぴのママさん
元気に育つワンちゃんもたくさんいるんでしょうけれど、そうでないケースも多いんでしょうね。でも小さくないと売れないという市場にも責任はあるのでしょうね。

>めぐさん
理想はイギリスのように、ペットショップで生体販売ができないという形なんでしょうね。ペットショップのケージにずっと入れられているとトイレのしつけが難しくなることも多いみたいですよね。
2005/09/22(木) 23:20:00 | URL | [ 編集]











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

おすすめの本

いいコに育つ犬のしつけ&トレーニング
いいコに育つ犬のしつけ&トレーニング
去年発行の本なので理論が新しいのでおすすめ。絵や写真が多いので教え方がわかりやすく、本で自分でしつけをがんばる人にはおすすめ。

ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
普段人が食べてる食事と同じような材料で、無理せず気楽に手づくりごはんをあげよう、という本。手作りご飯に興味があるけどめんどくさいことはつづかなそうという人におすすめ。

リンク

愛用グッズ


バーディポケットキャリー
折りたためるキャリーバッグ。ちょっと遠出するときに荷物がかさばらないので便利です。


シーディーム コンフィスプレー
ハーブが入っているので虫除けスプレーとして使っています。


グルコサミンDS
シェリーは膝蓋骨脱臼なので、関節にいいサプリを与えています。


アミノプロテクトケア
食物アレルギーが分かってから、このフードを使っています。

ノーリード反対!

ノーリード反対

プロフィール

飼い主ちえぞう(♀)。三十路ちょっと過ぎ。いわゆる負け犬?

カウントダウン



*script by KT*

ブログ検索

カウンター

BlogPet

参加サイト

ポチっとクリック大感謝です!
FC2ブログランキング

人気ブログランキング

ペットリンクスランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

ブログランキング ranQ




RSSフィード


copyright 2005-2007 パピヨン犬【シェリー】と東京一人暮らしブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット方法 コーチング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。