パピヨン犬【シェリー】と東京一人暮らしブログ
一人暮らしで犬を飼っています。三十路♀一人とパピヨン♂(去勢済み)一匹の東京生活犬日記。   ⇒HPはこちら

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

BlogPeople リンク

月別アーカイブ

最近のトラックバック

Trackback People

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新の記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
参考(BlogPet)
きょうは、パールで参考された!

*このエントリは、ブログペットの「シェリー2号」が書きました。
スポンサーサイト
シャンプーDay
今日はシャンプーの日。いつもの銀座のサロンへ行きました。

シャンプー後
今日は麦わら帽子の髪飾りをつけてくれました!

zzz...
シャンプーが疲れたのか、珍しく自主的にクレートに入って寝ちゃいました。

暑いから人も犬も普段以上に疲れるのだよねぇ。

人気ブログランキングにほんブログ村に参加しています。
応援クリックお願いしま~す!

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

猫連れ海外旅行
先日、犬連れで海外旅行に行った方のことを書きました。その後、本屋さんをなにげなく見て回ってたら、『ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし』という本を見つけてしまいました。

即買いです(^^)。

自営業(花屋さん)を経営しているご夫婦が、愛猫のノロちゃんを連れて飛行機でヨーロッパに渡り、レンタカーで欧州諸国を旅する紀行文です。

犬連れ海外旅行も珍しいとは思いましたが、猫連れはもっと珍しいです。ワンコと違って「家につく」といわれるニャンコ。犬のように飼い主と同じペースで歩いてもくれないし、犬連れ以上に大変かとおもいきや・・・。

意外とそれほど大変でもなさそうで、とっても旅が楽しそうです。

この黒猫のノロちゃん、とってもカワイくて人気があるのか、『ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし 20000GT』という続編や、『『ヨーロッパを旅してしまった猫と12ヶ月』2008壁掛けカレンダー』、『『ヨーロッパを旅してしまった猫と12ヶ月』2008卓上カレンダー』なんていうキャラクター商品(?)もあるんですよ。

旅は犬連れ』を読んだときも「シェリーと海外旅行に行きたい!」と思いましたが、この本を読んでますますシェリーとヨーロッパへ行ってみたくなりました。(アメリカやアジアという選択肢はなし。犬連れに優しいのはヨーロッパ、というイメージがあるため。)

連れてってくれないとグレちゃう
連れてってくれないとグレちゃう。

いつか実現させたいーと思いつつ、その前に国内旅行で練習しないといけませんね(^^;。

連れてって!
練習しましょう、そうしましょう!

人気ブログランキングにほんブログ村に参加しています。
応援クリックお願いしま~す!

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

今年も桃ネット
桃を頂きました。そして桃と言ったら当然これ!

桃ネット
桃ネット on シェリー。

2年前に桃ネットを被らせたときはものすご~く嫌な顔をされましたが、この2年でだいぶ成長(?)したようです。

桃ネットで舌チロ
桃ネットを被って舌チロ。(ちょっと位置がずれちゃってムチウチ症みたいになってますが。)

カメラを向けて「かわいいかわいい!」を連呼すれば、桃ネットを被っていたって笑顔です。

桃ネットで笑顔
桃ネットを被っても笑顔!

だんだん桃ネットを被っていることを忘れてきたようで・・・。

桃ネットで遊ぶ
桃ネットを被ったまま遊んでます。

桃ネットでゴロ~ン
さらにゴロ~ンまで。

ワンコの被り物モデルなんてあったら、シェリーはぴったりだと思うんですよねぇ~。

人気ブログランキングにほんブログ村に参加しています。
応援クリックお願いしま~す!

テーマ:パピヨン - ジャンル:ペット

愛犬と海外旅行に行く場合
前の記事で、愛犬と一緒にドイツに短期滞在に出かけた方の本を紹介しました。で、ちょっと私の言葉足らずだったなーと思ったので、犬連れ海外旅行の手続について追記しま~す。

以前は、日本から出国して短期間で戻ってくる場合、農林水産省の指定地域以外から入国する際には、動物検疫所で最高180日間もの間係留されることになっていました。

ところが法律が変わり、海外での滞在期間が短期間の場合、日本出発前にマイクロチップによる個体識別、複数回の狂犬病予防注射、採血及び狂犬病に対する抗体価の確認を行えば、日本帰国時の係留期間が12時間で済むことになりました。

法律はどんどん変わりますし、必要書類などもありますので、詳細は動物検疫所へお問合せくださいね。

帰国の際には、輸出国(この場合、旅行先のことですね)の政府機関発行の健康証明書が必要なため、言葉に自信がない場合はちょっと厳しいかもしれませんけれど・・・。

また、国際線は機内に犬を連れて入れる航空会社もあります。ただし、ケージに入ることが条件で、おそらく小型犬のみ。機内に連れて入れるペットの頭数に上限があるので、事前の確認と承認が必要な場合も多いです。そしてもちろん有料です。

たとえばエールフランス航空は、ケージ込みで6kg未満の犬、スカンジナビア航空はケージ込みで8g未満の犬、ユナイテッド航空は座席の下に置けるペット用の檻に立ったまま収まるくらい小さな犬、とのこと。

他にも機内ワンコOKな航空会社はあると思います。でも残念ながらJALとANAはだめなんだそうですよー(><)。

参考HP
エールフランス航空
スカンジナビア航空
ユナイテッド航空

追記:上記の記載にちょっと誤りがあったので追記します。
動物検疫制度の改正前は、180日の待機期間ではなく、一律2週間の待機期間。新しい制度になって、事前に手続を行った犬は12時間以内、でもできていない犬は180日とギャップが大きくなりました。とのことです。

ご指摘ありがとうございました~!

人気ブログランキングにほんブログ村に参加しています。
応援クリックお願いしま~す!

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

犬連れで海外旅行
すっかり更新がご無沙汰していますが、シェリーも私も元気です~。

ニカッ
お母ちゃんは毎日本に追われています。

ビジネス系の本とか自己啓発系の本などを1日一冊ペースで読んでいて、なんだかバタバタしていますが、時にはゆる~い本も読もう、と思って読んだ本がこちら↓。

旅は犬連れ
旅は犬連れ』。1,050円也。

この本の著者はシェリーが通っていたしつけ教室のスタッフの方。愛犬のウェルシュ・コーギーと共にドイツに2週間の犬学校研修に行った体験記です。

シェリーと一緒に海外に行けたら楽しいだろうな~。短期の海外旅行に連れて行くのは無理ですが、もしまた留学するチャンスがあったら、その時はシェリーと一緒に行くのもありかも、と思ってしまいました。

ニカニカッ
ぜひ連れて行ってください!

人気ブログランキングにほんブログ村に参加しています。
応援クリックお願いしま~す!

おすすめの本

いいコに育つ犬のしつけ&トレーニング
いいコに育つ犬のしつけ&トレーニング
去年発行の本なので理論が新しいのでおすすめ。絵や写真が多いので教え方がわかりやすく、本で自分でしつけをがんばる人にはおすすめ。

ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
普段人が食べてる食事と同じような材料で、無理せず気楽に手づくりごはんをあげよう、という本。手作りご飯に興味があるけどめんどくさいことはつづかなそうという人におすすめ。

リンク

愛用グッズ


バーディポケットキャリー
折りたためるキャリーバッグ。ちょっと遠出するときに荷物がかさばらないので便利です。


シーディーム コンフィスプレー
ハーブが入っているので虫除けスプレーとして使っています。


グルコサミンDS
シェリーは膝蓋骨脱臼なので、関節にいいサプリを与えています。


アミノプロテクトケア
食物アレルギーが分かってから、このフードを使っています。

ノーリード反対!

ノーリード反対

プロフィール

飼い主ちえぞう(♀)。三十路ちょっと過ぎ。いわゆる負け犬?

カウントダウン



*script by KT*

ブログ検索

カウンター

BlogPet

参加サイト

ポチっとクリック大感謝です!
FC2ブログランキング

人気ブログランキング

ペットリンクスランキング

にほんブログ村 犬ブログへ

ブログランキング ranQ




RSSフィード


copyright 2005-2007 パピヨン犬【シェリー】と東京一人暮らしブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット方法 コーチング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。